電2/ヨンデナアップダウンス◆o4D7UpDws2(元◆AT4D7UpDws)が、日々のなにがしを好き勝手に書いているだけの場所。『ニュースサイト』『ブログサイト』へのリンク・引用はお断り。それ以外は原則フリーです


by at4d7updws
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Aパート完了

とまあ、お仕事の話。
やっと自分的分類Aパートが終了。
Bパートは数は多いものの、レジブース内じゃなくても作業できるので、平常営業時間内でも手が空いたら可能=かなり楽に進められるはず、と。

T:231
K:48
O:402
合計:681(2011年12月7日現在)

これだけあれば、そりゃさすがに記憶力にそれなりに自信があるつもりの私だって、あやふやにもなるよなあ。
TKはともかく、Oについては種類数に対する使用頻度の問題もあって、特に。
導入当初~中期にかけての増え方から、ここまで増えることになるとは思ってなかったからなあ。
もっと早くから対応を始めてれば、今現在みたいにバタバタしないで済んだのだけど。



ジングルベルって日本じゃ訳詞の関係でクリスマスソングだけど、現地の言葉じゃただのソリ遊びなんだよなー、とかクリスマス一色になりつつある町を歩きながら。
私が歩く時間帯(深夜2時前後)だと、動いてる店はほとんどないのだけど(笑)
吉祥寺駅前イルミネーションも、今年はまだ1回も見てないなあ。
ソリ遊びで思い出したけど、ルロイ・アンダーソンのCDが欲しいなあ。
何年も前からいいの見繕おうと突発的に思っては完全に忘却してるので、メモだけしとこう。
メモったことを忘れるってオチだろうけど。



今週土曜に、母方の祖父母のダイヤモンド婚式だそうで。
東京→熊本の輸送日数のことすっかり忘れてて、仕事に大遅刻して無理やり荷物発送とか。
許してもらえたからいいけど、こういう完全自己責任の管理ミスは本当にヘコむ。
比較的暇な時期だったのが不幸中の幸いで。



仕事話に戻って、文庫既刊棚は配置変更のみで維持してもらえました。
他店員と店長に感謝。
準新刊棚は、私自身が手を下して大幅圧縮。
余分に空いたスペースを活用できる方法を考えて、プラスアフファの方策を練らないと。
幅は広いのに1列あたりに置ける量が極端に少ないので、使い勝手がとにかく難しいのが。
有力なところだとAL的ランキング棚だけど、それはそれで、なあ。
見本置けないし。



以下、どうでもいいこと垂れ流し。



・伊上円『ドラゴンブラッド 3』(メディアファクトリー)
普通でありたい高校生クンのバトルラノベ、現状の最終巻(お話的には続けられる構成だけど、おそらく終了)
主人公が主人公として主人公する話だった前2巻と比べて、敵さんを通して自分を見つめなおすお話に比重が置かれた印象。
自分が“普通”であろうとできることの意味、というのはなかなか良かった。
意外と登場人物が多いおかげで、オールスターバトルはダイジェスト的になってしまうのは仕方ないところ。
なかなか楽しめました。



・石川ユウヤ『鳳凰堂みりあは働かない! 3』(メディアファクトリー)
馬鹿やってるパートは、頭が悪くて楽しいです。
真面目にやってるパートが、まあ、なんとも……。
最終巻はそれが特に顕著だった印象。
ヒロインのライバル登場、巻き込まれた主人公が立場的にフラついて、でも最終的に目を覚ましてヒロインの下に戻ってくる、と展開的にはド王道なのだけど。
ライバルの登場に布石も何もない、ライバルが主人公を欲しがる理由が全くわからない(ヒロインへの対抗意識とかも一切存在しない)、主人公がライバルについていった理由はお金の問題だとしても、ライバルが主人公にさせたかったことが全くわからない、にも関わらずヒロインもあっさりとライバルに負けを認めた理由がわからない、とこの作者のダメなところが総出演状態。
説明が全く足りてないせいでぜんぜん話についていけないというか、何をやりたいかわからないじゃないけど全く納得できないというか。
キャラ作りと日常描写、どうでもいいおバカシナリオは光るものがあると思うのだけど、こっち方面が本当に弱いのがもったいない作者さんだよなあ。
永遠にだらだら日常してるだけの作品ならいいのだろうけど。



・石川ユウヤ『四人の魔女とエメラルドのキス』(メディアファクトリー)
設定的にはオズの魔法使いを踏まえて、そこに四神の属性を重ねた魔法バトルもの。
さすがにその設定は穴だらけすぎるだろ、と思った部分は“この巻の段階では”トリックの布石だったわけだけど、じゃあ去年は?一昨年は?来年は?と言い出すときりがない。
直前に↑を読了してたのもあって、この作者さんのダメなところが目立ちすぎの印象に。
今回も、キャラだけ見ればどの娘もいいのだけど。
シナリオも、相変わらず良くも悪くも直球ストレート。
意外性の1文字目の「い」の字さえないような。
1巻買ってしまったから、続いたら2巻もとりあえず買う、の、かなあ。



これでMF文庫の積読が残り23冊。
11月頭で44冊だったから、1ヶ月で20冊は減らせた。
この調子で、年末までに消化しきって、その他まだ300冊以上ある積読を崩さないとな。



本日は執筆時間40分でした。
きちんと考えて練ればもっといい文章書けるだろうけど、それはそれで。
[PR]
by at4d7updws | 2011-12-08 04:27 | 雑談