電2/ヨンデナアップダウンス◆o4D7UpDws2(元◆AT4D7UpDws)が、日々のなにがしを好き勝手に書いているだけの場所。『ニュースサイト』『ブログサイト』へのリンク・引用はお断り。それ以外は原則フリーです


by at4d7updws
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

福永ゆきと『ハメ頃 v ローティーン』

福永ゆきと『ハメ頃 v ローティーン』
 茜新社 ISBN978-4-86349-533-3 雑誌56459-46 定価1000円+税

・JCアイドル!のんちゃんのヒミツ (22P)
・イマドキのチョロJC (24P)
・ピュアホール (24P)
・わるいこには (26P)
・わるいこには -番外編- (10P)
・インモラルサイクル (22P)
・Win-Win (20P)
・教室に咲く一輪の華 (24P)
扉絵 (モノクロ・1P)、目次イラスト (モノクロ・1P)、あとがき (1P)



・JCアイドル!のんちゃんのヒミツ
着エロジュニアアイドルののんちゃん。
撮影帰り、出待ちしていたファンの皆さんの熱意に負けてついていったら、「俺たちとセックスしてほしい」とのお願い。
デビュー前の小5から、社長さんとの本物を使った練習やクライアントさんへの枕営業を繰り返していたのんちゃんは、喜んでセックスしてあげるのでした。
半脱ぎセーラー服にバンソウコウでのニプレス&前張り→クンニ失禁、積極的輪姦へ。

・イマドキのチョロJC
読者モデルのスカウトを受けた夏鈴ちゃん。
喜び勇んで撮影に出かけたら、待っていたのは偽・出版関係者による輪姦撮影会でした。
正常位破瓜、巨根さんによるバック、イチャイチャプレイからの二本挿し、さらに続く輪姦。
「友達を紹介すれば楽にしてあげる」との言葉から、友人を巻き込んでしまってのさらなる輪姦

・ピュアホール
処女レイプが趣味の校長先生。
今回のターゲットは、入学式を終えたばかりの新入生、愛莉ちゃんです。
校長室への呼び出しから多数の男性教諭に取り押さえられ、ソファーでのレイプ。
それから続く、男性教諭たちによる放課後輪姦の日々。

・わるいこには
JCが万引きしたのはコンドーム。
悪びれる様子は全くないが、小遣いのために親にだけはバレたくないとのことなので、代わりに……。
彼氏である先輩1人だけしか知らないという立夏ちゃんに、大人たちによるねっとり愛撫からの輪姦をプレゼント。
・わるいこには -番外編-
↑の話の後日談。
すっかり大人の魅力の虜になってしまった立夏ちゃんは……。
連休3日間耐久500発ハメっぱなしの日々。
・インモラルサイクル
男たちによるオナホ化ターゲットに不幸にも選ばれてしまった蘭お嬢様。
クスリをキメられ、快楽の虜に。
2人の男に拉致され、クスリで意識を半ば飛ばされてのレイプ。
イラマチオから交互に何度も。

・Win-Win
お店の経営のため、ご近所さんからの応援を受けるために毎夜がんばる女子中学生。
今日は「初めて」な新人君も参加するようです。
男性陣による輪姦、両手チンコに口に前後二本挿しも標準装備。
初参加の童貞同級生は、猿のように一心不乱に。

・教室に咲く一輪の華
清楚な文系教え子に恋した教師。
とある放課後、彼女が複数の男子たちとセックスしているのを目撃してしまった教師は、放課後に呼び出しを。
童貞教師、「黙っていてくれるならセックスしてあげる」との誘惑に抗えず。
危険日と言われむしろ興奮しての中出し、ピル飲んでると言われならばむしろ排卵誘発するまでと中出し。




消しはトーン線(凝視すればうっすら透ける程度、ほぼ黒線)が1~数本。
スジのみの場合は無、クリ・カリには確実に、それ以外もランダムで追加、太さはまちまち。

キャラの顔つきについては表紙・裏表紙のものでほぼ安定。
多少のばらつきはあるものの、そこまで大きな印象の違いは無い。
ただ、体型についてはバラつきが非常に大きく、ほぼ全ての作品が設定は「JC1年生12歳」ながら寸胴幼児体型で頭身低めから、くびれはっきり頭身高めのものまで。
表紙・裏表紙は、その「頭身高め」のほうの絵柄。
比率としては寸胴寄りのほうが多いので、表紙・裏表紙のみのイメージだとちょっと期待を裏切られる、かも。
逆にロリ寄せなほうがいい人には嬉しいかもしれないが、あくまで「ロリ寄せ」であって「ロリ」ではなく、胸はしっかりBカップくらいあるし、それなりのくびれもあるので、その微妙な年齢層が許容できるかどうか。

断面というか、子宮にチンコがくっついてぐりぐりしつつ、トプトプ中出しする透過描写が多め。
描写としてのデフォルメは強めで、内臓感は弱めの「袋」というイメージな描き方。
アップでそういう描写のコマが、というだけでなく、普通に全身図のイキ場面で出てくる場合もあるため、そういうのが萎える人は、作品によってはちょっと厳しいかも。

気になる点としては、あとがきでご本人も言及している、色々と試行錯誤した、という部分。
前期のとおり体型のバラつきが大きいため、微妙なお年頃が好きな人にとっては、ツボとツボでないの境目を行ったり来たりになっていそう。
また、キャラ設定に合わせたキャラの描き分けなが非常に怪しい部分があり、「わるいこには」「わるいこには -番外編-」で同一キャラなのに全く体型が違ったりするのは、どうしても気になってしまうところ。
上下(どちらかというと上方向)に許容範囲が広い人なら、そこまでは気にならないかもしれないが。

内容は、素晴らしいまでに内容空っぽな、JCレイプとビッチJCのお話が半々。
男性は、目を描かないモブ表現のおっさん(むしろ汚っさん)が大半。
レイプものでも、最初は拒否してもすぐに快楽堕ち、積極的に受け入れて快楽を貪りにいくため、悲壮感はかなり薄い。
ビッチものは言わずもがな。
処女レイプもありはするものの、破瓜言及はあれど流血描写はほぼ皆無。
処女好きにはかなり物足りないかと思われる。
「親父どもに無限輪姦中出しをキメられ喜びイキまくるJC」というシチュエーションを楽しめるならば、むしろバイブルにまで昇格できそう。

自分の場合、ロリではないスレンダー好き、でも長身よりは小柄なほうが好き、というエロ漫画的にはかなりニッチなジャンルにツボの1つがあるため、絵柄としてはかなりの好みでした。
あとがきの作者からのメッセージに応えるなら、「超シコれたよ」
[PR]
by at4d7updws | 2015-11-01 04:51 | エロ漫画